花色衣 (はないろごろも)

アクセスカウンタ

zoom RSS 第八回 坂東三十三観音

<<   作成日時 : 2017/04/26 11:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

坂東33観音巡りの第八回はまさにクライマックス
三か寺とも栃木県にありご本尊は千手観世音菩薩

17番の満願寺の出流観音は1200年前からの修業の地。
画像

険しい山道を登りさらに懸崖造り奥の院の堂の下には大悲の滝。かつて修験者たちは21日間この滝に打たれなくては日光山への入峰は許されなかったとか
画像

画像

鍾乳石の造形の姿を十一面観音と崇めたのが始まりとされる。
画像

次の19番 大谷寺は大谷石の天然の切り出し場に囲まれた弘法大師開基のお寺。岸壁に掘り出された4.5メートルの千手観音像がご本尊。弘法大師作と言われている。
画像

お寺のすぐ前に昭和31年に建てられた平和観音像は像高27メートル。
画像

今日の最後はまだ芽も吹いていない木々に囲まれたいろは坂を登り切った所 18番 日光山 中禅寺 創立延暦三年(784年) 開基は勝道上人。海抜1269メートルの中禅寺湖。まだまだ桜どころではなく途中ところどころに雪が残っていました。
画像

画像
ご本尊は桂の立木にそのまま刻んだ十一面千手観音菩薩。6メートル余の通称立木観音。
画像

大悲閣から雪のまばらに残る二荒山(男体山)が。これが日光山。二荒はニコウでフタラと読み、フタラは補陀落、観音の住む補陀落浄土。お山が観音様そのものということ。
素晴らしいお天気に恵まれた一日。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第八回 坂東三十三観音 花色衣 (はないろごろも)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる