アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
花色衣 (はないろごろも)
ブログ紹介
 型染めの着物を作っています。
デザインを起こしてから型紙を彫り、糊置きして染め上げるまで一貫して一人の作業です。
着物つくりの作業の徒然を書けたらいいな…

 花色は藍で染めた色、あるいは草木で染めた色のこと。
「やまぶきの花色衣ぬしぞたれ問えどこたえずくちなしにして」 と歌にも詠まれています。(素性法師・古今集)
ちなみに山吹色はクチナシで染めます・・・蛇足でした。
zoom RSS

新年句会

2018/01/17 13:07
第五二七回 句会    出席四名(投句のみ一)

兼 題   新年雑詠

自 作

       とりあへず老いた二人の福茶かな   二点

       屠蘇を注ぐ手の皺深し受くる手も    二点(特一)

       屠蘇祝ふ年の順なり膝小僧

新年会を兼ねての句会。
場所を移して一献かたむけお料理を食べながらの楽しい句会でした。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


包み袱紗で茶通函

2018/01/15 20:04
今日は小正月。
柳が緑めいてきたので、白玉椿と紅の藪椿の紅白で。
画像

お棚は先週の高麗卓(こうらいじょく)
お棗は酒井抱一の菊を写したような素晴らしい蒔絵の溜塗。
お稽古で使っていた水差しが高麗卓に合わせると、青絵が映えて見事な水差しに。これが本来の姿なんですね。この三点ともお稽古にはもったいないようなお道具です。
画像


茶通函の中はお仕覆に入れたお茶入と背中合わせに大津袋に包まれた真塗のお棗ですが、
今日は趣向を変えて大津袋の代わりに袱紗包みでのお稽古。
途中で袱紗が帯の左右にぶら下がることになりチョットびっくり!!
右に付けた袱紗は逆勝手の扱いです。
「包み袱紗」は、包む練習していて棗をひっくり返しお茶をばら撒いたことがあり、
なんとなく苦手意識があります(^_^;)
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


お初釜

2018/01/08 20:44
ちょいとお天気には恵まれませんでしたが、全員晴れ着で参集の華やかなお初釜
画像

お棚は「高麗卓」。水指は松坂万古の狂言袴。お棗は「曙棗」
画像

お床のお正月飾りは、丸三宝にノシイカを流しブリブリ香合を配した蓬莱飾り。
画像

香合は可愛いお福さん。
画像

今回の流れは、最初にお弁当。(これはお茶事の時に懐石料理をお願いしているS氏。一つ一つ丁寧なお味付けで美味しくいただきました。)
画像


今年の年女のMo様のお点前で金銀の島台で全員お濃茶をいただきました。
そのあとは恒例のくじ引き。先生お心尽くしの景品に大喜び!
広間と小間に分かれて、広間は「雪月花」を楽しみました。花に当たった人がお点前。月がお茶をいただき、雪がお菓子をいただき、三枚引き当てた人がでたらお終いというお遊び。お点前ばかり当りお茶が飲めなかったり、立て続けに雪があたりお菓子に食傷したりと中々にままならないのが面白い。

小間では替わりばんこの主客で楽しみました。
小間のお軸は鵬雲斎の宝珠
画像

花入れは九代大樋長左衛門の「旅枕」お花は白梅と白玉椿
画像


記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


柴又七福神と矢切の渡し

2018/01/04 20:57
あけましておめでとうございます。
一日に近くの天祖神社へ初詣をした以外、一歩も外出しないで三が日を過ごしてしまいました。
さすがに家にいるのにも疲れてしまい、柴又七福神めぐりに行った来ました。
初めての柴又は乗り換えは多いけど案外に近くて驚きです。どうしてもっと早くにこなかったのかしらん。

京成高砂駅から歩いて巡ります。何とか早めに全部クリアー!
画像

帝釈天だけはものすごい人で、拝むどころではありませんでしたが、おなじみの本殿、鐘楼はしっかり見ることができました。
画像
画像

なんといっても今日の目玉は「矢切の渡」。渡し賃片道200円でぎっちらぎっちらと櫓を漕いで対岸に渡してくれます。
画像

カモメが近くまで飛んできて白いお腹を目の前で見せてくれました。
画像

船頭さんは無口で無愛想。音楽も説明も無い渡しは好みです。
お客から受け取ったお金をじゃらんと足元に置いて漕いでいます。
画像

次のお客さんが乗り始めました。
画像

帰りは帝釈天の参道を通り柴又駅にでました。寅さんとさくらさんの銅像の前ではピースサインのおじさまおばさまが引きも切らずでした。
風は強くかなり冷たい日でしたが、日差しは強くて日に焼けてしまったかも。よい一日でした。

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


準教の許状

2017/12/25 23:15
「準教授」の許状の引継ぎを受けることになり先輩のM様がお立合いに来てくださる。
画像
先生から許状の授受があり一献のあと台天目でお濃茶をいただく。
画像
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


暮のにゃんこ

2017/12/23 20:42
        仲が良さそうなのはストーブの前だから。
画像

        おい、スマホ向けてるぜ
画像

        ポーズだよ!ポーズ!
画像
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


田端の大龍寺

2017/12/22 15:05
うっかり乗り越して田端まで。電車で戻るのもしゃくだから歩いて駒込まで。
駅近くの「田端文士村記念館」がなかなかのもの。芥川龍之介の展示がありじっくり拝見。

スマホの地図アプリを観ながら駒込を目指す途中に素敵なお寺、真言宗「大龍寺」と八幡神社!!
画像
画像

正岡子規のお墓があるというので、お参りしてきました。隣はお母さんの八重さんのお墓
画像

画像

ほどなく田端銀座にでて、迷う事もなく帰れました。新しいお散歩コースになりそうです。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


十二月句会

2017/12/19 23:05
第五百二十六回 句会  出席四名 出句一名 選五

兼 題   年末 ・ 八つ手

自 作
       仕付糸ぴしりと解いて除夜の鐘    三点(特二)

       懐かしき塩辛声や歳の市        一点

       小半日くるくる動き年用意

       着脹れの警策ボフと鳴りにけり

       門松を立てて静まる丸の内


今年最後の句会。人数は相変わらず寂しいけど、一句一句に様々な意見、思い出、まつわる話等々飛び出し賑やかで楽しい句会。来年は新年会句会をやることに決定。さっそく予約をして帰る。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


軸荘り付花月

2017/12/18 21:41
軸荘り付花月は初めて。
最初に軸の巻き方。表装の各部の名称、風帯の折り方、巻紙の寸法の取り方、巻き付け方。
軸の掛け方、外し方等々。普段なかなかできないことを教えていただき、さて本番。
お床の上座(この写真では左)に紫袱紗にのせた、お軸。その左に扇子(お軸を掛けるための物)。
画像


人数が多くなければできない「員茶(かずちゃ)」も八人でトライ。
人数分のお花の絵がある十種香札を用いる。花が当たった人がお茶を飲み、点てるという全員が飲んで点てるという花月。亭主側に三役がいて雪が「目付」月が「札元」花が「亭主」。「おのけを」の挨拶で札元が絵札を返して花の絵を上向けて右の方の畳の縁うちに一目づつずらせてよけておくのが面白い!!
画像

やっぱり外せない「茶通函付花月」
そしてみんなが大好きな「無言投込花月」
最後に先生からのご挨拶で今年のお稽古を締めました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


観世能楽堂で「花の公案」

2017/12/17 20:29
新装なった「GINZA SIX」の地下三階にある「観世能楽堂」で「花の公案」第一回公演。
例によって入り口に辿り着くまでが大変。新しいとこって嫌い!
11時開演で終わったのが17時。ほとんど缶詰状態。
画像

画像

「邯鄲」「野宮」「鞍馬天狗」間に狂言と仕舞。休憩は10分、30分、10分。食事時間もありません。場内では飲食禁止だし、レストラン街は超満員。飲まず食わずで耐えました(^_^;)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


三木町棚

2017/12/11 18:41
または江岑棚。表千家の江岑好み。
紀州に旅行されたときに三木町の材木屋の残材の寄木で作られたとか。
天地板は杉材、引き出しが樅、四本柱が檜材で竹の引手。
引出の中に棗入れたり、天板に荘るときは仕覆を入れます。
画像

引出の開閉はガタピシするのがお約束という洒落たお棚。風炉、炉ともにオーケー。
それに筒茶碗に絞り茶巾でお薄のお稽古。
薄器は「老松」で割蓋の扱いを慎重にと一点前でやった感が充分ありました。
最後は入れ子点てでサラりと。
画像

お軸は「歳月不待人」。お花は萩の花入れに蝋梅と白菊。

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


相伝

2017/12/04 18:28
今年最後の相伝のお稽古。
「唐物」「盆点」「台天目」をそれぞれが。
風炉ではずいぶんお稽古したはずだから楽勝のつもりが、
炉になると微妙に決定的に違いがあるので、またもやマゴマゴ。
お前は万年初心者か!!(^_^;)
画像

お軸は「歳月人を待たず」 お花は満天星躑躅の照葉と肥後菊

午後はサラりと「流し点」一客一亭の侘び茶を楽しみました。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


鎌倉歴史散歩 B

2017/12/02 21:31
三回目の鎌倉歴史散歩のテーマは「中世を肌で感じる巡礼古道へ」

鎌倉駅に昼からの集合。
最初は「杉本寺」。鎌倉最古の寺で開基は行基。本尊は十一面観音で行基作と慈覚作、恵心作の三体。内二体が重文。坂東33観音の一番札所。去年の巡礼のときも来ています。
画像

画像

報国寺は竹寺といても有名。開基は足利尊氏の祖父足利家時とも上杉重兼ともいわれている。
画像


細い道をふいと入ると急に険しい巡礼古道となり、住宅地開発で途切れるまで30分ほど上がる。ところどころ富士が望める絶景箇所のあるが今日は雲が多く富士山は望めず残念。
画像


お猿畑大切岸。日蓮ゆかりの法性寺の山腹にある大切岸。北条氏が三浦一族からの攻撃に備えるために切通しの整備と一体のものとして築いた。最近では石切り場でもあったらしい。
画像

まんだら堂やぐら廟
約150穴の中世のやぐらが残っている。鎌倉時代特有の墓地で武士僧侶等上流の人々の集団墓地。きちんと焼いて骨にして埋葬したもの。
画像


名越切通。三浦方面に通じる要衝の防衛施設。切り立った細い道を作り上に平場をもうけ侵入する敵を討つ仕掛けがいっぱい。置石は真中に岩をおいて侵入を防御。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第10回 秩父三十四観音巡礼 結願

2017/11/29 16:55
昼間は20度近くまで気温が上がった本当に巡礼、いえ結願日和。
ついに34番目の「水潜寺」千手観世音菩薩。
秩父鉄道「皆野」から一時間に一本の町営バスで札所前。
バス停から少し上がったところで、楽に行けました。
素敵なアプローチ。六地蔵様のお迎え。
画像
画像

画像

本堂と隣の講堂で御朱印を。結願メダルまであってもちろんゲット。
画像

本堂右手の奥は「水潜りの岩屋」があって、巡礼を終えた人が潜り体を清めて俗世に返ったところとか。今は危険で行けなくなっており、じゃあ私は戻れないってわけかいな(^_^;)
画像

帰りはバスの時間まで二時間あるので7キロの道を歩いて下ることに。
画像

最後の御朱印と、満願記念メタル(裏に34か寺が彫ってある)。身代り観音の御守(中に千手観音様が)
画像

去年四月から一年半かけて十回の巡礼。すっかりおなじみになった秩父の街と武甲山。大好きになりました。二度三度とお参りすることもありましょう。また来られる日を楽しみにしばしさようなら。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


壺荘付花月

2017/11/27 19:00
七次式の内の「壺荘付花月」
月を引いた人が茶壺を袋から出し拝見に回し、さらには真行草の紐を結ぶ間に他の人は常の平花月を進行。
月の人が紐を結び終えて床にかざって初めて札を引き花月に入ることができるという、焦りまくりの式。
家で特訓をしたので、なんとか二椀目が終わるころ紐をむすびおえました。ホッ
画像

画像
お棚は更好棚。その後は「且座」で半東役。
画像

小間では向う切りの濃茶を。
先日炉灰を入れて釜合わせをした炉のため、高さが合っているかヒヤヒヤしました。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


六義園の雪吊

2017/11/24 19:52
先週から紅葉のライトアップが始まり人出は多いけど、紅葉そのものはまだまだ早い感じです。

松はすっかり雪吊や雪囲いをされて冬を待つばかりでした。
画像

画像

画像

ポカポカと陽がさし着ぶくれてきたのを悔やんでいるうちに急に雲が暗くなり風も冷たくなってきました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


木曾檜

2017/11/24 19:43
木曾に遊びに行ったお友達からお土産にいただきました。
これで仏像を彫ってといわれたけど、エーッでか!
画像

一木で彫るか!小分けにして彫るか!センセー!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ぐでにゃん

2017/11/24 19:38
チュンちゃんはニンコに抱かれてグデー
画像
記事へかわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


十月句会と十一月句会

2017/11/21 21:59
十月はサボってアップしませんでしたので、今日の句会と一緒にアップ。

十一月句会 第525回  出席四名  出句のみ一人 選は五句

兼 題  七五三 ・ 残る虫

自 作

      七五三飴も袂もたくし上げ     一点

      代々の四つ身筥迫七五三     特一

      ぽつくりに簪ゆるる七五三     一点

      目と鼻と耳医者はしごすがれ虫  一点

      虫の秋消息を知る遺作展

   
だんだん年をとるし人も少なくなるしで先細りは仕方ないとして、余力のあるうちに最後の句集の準備を始めようという話をしました。   


十月句会 第524回  出席四名 出句のみ一人  選は五句

兼 題  照葉 ・ 月の雨

自 作

      山門を出れば全山照紅葉        一点

      両の手に杖に短冊照葉かな       一点

      メール待ついつまでも待つ雨月かな  二点

      秋夕焼わずかに傾ぐ座禅石

      二年目も目覚めぬ介護月の雨


メンバーの一人が体調不良のため退会するという話があり全員ガックリ。
そろそろ潮時かも…

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


山里棚

2017/11/21 13:38
天板が三角形で上下とも縁には真中が節になった竹を張っています。
さりげないけどなかなかに凝ったお洒落なお棚。
画像

二椀物をというので茶通函をやらせていただきましたが、遠来からのお客様と久々に大先生もお席に入られてめちゃめちゃ上がってしまいました。(案外と気が小さいのであります)
画像

                お花は木瓜と白玉。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

花色衣 (はないろごろも)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる