アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
花色衣 (はないろごろも)
ブログ紹介
 型染めの着物を作っています。
デザインを起こしてから型紙を彫り、糊置きして染め上げるまで一貫して一人の作業です。
着物つくりの作業の徒然を書けたらいいな…

 花色は藍で染めた色、あるいは草木で染めた色のこと。
「やまぶきの花色衣ぬしぞたれ問えどこたえずくちなしにして」 と歌にも詠まれています。(素性法師・古今集)
ちなみに山吹色はクチナシで染めます・・・蛇足でした。
zoom RSS

九月の句会

2017/09/18 22:35
第五百二十三回 句会 出席五人 投句一人 選句五

兼 題  秋の水 ・ 蜻蛉

自 作

      踝を分けて綾なす秋の水        三点(特一)

      藍工房空いつぱいの秋茜       一点

      まつすぐに空切り裂いて鬼やんま  一点 

あと二句はアップするにはあまりにも恥ずかしいのでカット

同人のM氏が伊藤園の新俳句大賞の佳作特別賞を受賞
副賞として受賞句が載った「おーいお茶」を皆に分けてくださいました。
素晴らしい記念なので飲まないで当分飾っておきましょう。 
画像

受賞作品は「朝寒やスプーンの光る日曜日」です。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ひさびさのにゃんこ

2017/09/18 22:24
ニンコにとっつかまって抵抗できないチュンちゃん。
画像

竜丸はあまりの毛玉のひどさに、二人掛りで電気バリカンでカットしたので、当分アップは見合わせなければあまりに可哀そうなのです。(-_-;)
記事へかわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


彼岸花

2017/09/18 22:17
日曜日の朝座禅の龍光寺さんの彼岸花。
白と赤のお花が雨に濡れてひっそりとお迎えしてくれました。
画像

画像
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


逆勝手と 茶箱の月

2017/09/11 18:49
考えてみれば大炉での逆勝手は何回か経験がありますが、風炉でのお点前は初めてのような・・・
と言い訳をしつつ、袱紗を左に付けてみたり、箱に仕組んであるのを忘れて袱紗を探し回ったり、足の踏み出しを間違えてたたらを踏んだりと相変わらずのトンチンカンでした。(^_^;)
画像

お花は秋明菊。蛇篭の花入れに。
午後は久々の茶箱。「月」 器据を広げてウグイスを刺してと、複雑のようでも楽しいお点前。
画像

記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


九月のお茶

2017/09/07 16:24
薄物から単衣になり、幸い涼しい日だったので大助かり!

九月初のお稽古は相伝。私は「台天目」を
お軸は「茶に逢えば茶 飯に逢えば飯」(どちらに逢っても嬉しいです!(^^)!)
お花は花茗荷と萩と??・・・(^_^;)
画像
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


お気に入りのお蕎麦屋さん

2017/08/31 18:56
今日の富士神社はいつもの通り。人気のない境内には先日の篝火の後が黒く残っているだけ。御神木もしんとして立っておりました。
画像


どうしても和泉屋さんの「冷やし桜エビ蕎麦」が食べたくなって来てしまいました。富士神社のすぐ近くです。
画像
画像

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


駒込富士神社の「篝火」奉納

2017/08/28 22:09
昨日町内の掲示板で発見。午後七時からというのでイソイソでかけたら、境内は真っ暗!人っ子一人おりません。無人の夜の神社の怖さをかみしめ、狐につままれた気分で掲示板を見直したら、28日とある。一日間違えてしまいました。てっきり日曜にやるものと思い込んだのでありました。

今夜こそと、勇んで出かけると暗い境内の真ん中あたりに人影が。大きな逆茂木の前で神主さんの祝詞、続いて氏子15人ほどのお榊奉納。そして七時きっかりに点火。
燃え上がる篝火に声もなく見入っておりました。
画像

画像

画像

画像

もっと近寄って迫力ある炎を撮りたかったけど、熱い熱い熱い!!火ってあんなに熱いとは今更ながらの体験。
こんなに離れているのに汗がだらだらと流れ落ち、スマホも発熱してすぐにストップしてしまいます。
画像
この槇(杉かしらん)が御神木かも。
画像

社殿に上がる急こう配の階段の脇の小さな篝火を絶やさずに薪をくべる氏子さん。

一時間ほどで漸く火は衰えてきて、鎮火の作業が始まり、待ち構えていた消防士さんや消防団の人たちが消火に入ります。消防団の人たちの鎮火訓練も兼ねていたようでした。
堪能いたしました。富士神社は毎年初詣に寄るのに、こんな面白い行事があったなんて、ここに十年近く住んでいたのに知らなかったとは・・・
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


夏の最後のお稽古は名水点

2017/08/28 21:24
画像
吾亦紅は大好きなお花。お軸は色紙の「喫茶去」
七月の代替稽古で名水点を。御幣を回した釣瓶で。
まずはお水の所望。そしてどちらのお水かの問いに応えお点前に入る。
最後は荘りのこしも、水次も無し。
画像


入子点は拝見する方が多かったので、やってみると珍しくて面白!!最後の総荘りも賑やかで楽しい。
画像
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


八月句会

2017/08/16 10:45
第五百二十二回 句会  (出席四名 出句二名  選句五句)

七十二回目の敗戦記念日は雨。昼からは土砂降りになりました。
午前中は静かに写経。亡くなられた方々の菩提供養です。

兼 題  星 ・ 草いきれ

自 作  夏草の茂る焼け跡」かくれんぼ    一点

      迫りくる鬼の足音草いきれ       一点

      夏草の蔭から覗く鬼女の面

      父母と猫も加はり星祭

      幾万の星流れゆく敗戦忌       特一


伊藤園の「おーいお茶新俳句大賞」に同人のM氏が「佳作特別賞」を獲得!
全世界から187万通の応募があり入選だけでも大変なことなのにこの快挙。
「諏訪ノ森俳句会」としても今回の健闘を称えました。
次回の句会には句の刷り込まれたお茶を持ってきてくださるそうです。      
      
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ゴールデン街

2017/08/11 09:42
お茶のお友達と暑気払いにゴールデン街に飲みにいきました。
通い詰めていたころもあったけど、最近は月に一回か二回のペース。
全然行かない月もあるし、年ですなあ。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


涼み猫

2017/08/07 15:25
真っ白なはずのチュンちゃんがこの頃薄汚れてきたと思ったら・・・
こんなところで涼んでいました。ベランダの排水溝。 
わざわざ埃と砂がたっぷりのところを選んでオリマス(+o+)
画像

竜丸は「ボクはお外は嫌いだよ」と涼しい廊下や、お部屋すみっこ。
画像

画像

ついには出てきてゴロリ(^_^;)なんて格好しているんだい?
画像
記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


夏のにゃんこ

2017/08/05 16:45
残暑お見舞い申し上げます。
家の超高齢にゃんこ達の夏。
といっても今のところは例年と変わりなくのんびり過ごしております。
一番涼しい処で好きなだけ眠り、好きなものだけを選んで食べて、時々とっつかまってお薬を飲まされます。
画像

画像
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


盆踊り

2017/07/23 20:48
巣鴨の駅前で盆踊り。今日が最終日でかなりの人がでて盛り上がっていました。
美味しそうな匂いが立ち込め、ジュージューと焼いている鶏やイカ、ホタテ、焼きそばも匂いがたまりません。
おなじみ東京音頭や炭坑節が懐かしかったなあ。浴衣を着ていれば飛び込んだのに。
画像

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夏らしいお花!百日紅

2017/07/23 18:38
朝座禅の龍光寺さんの「百日紅」が盛りです。
大きなクマンバチが蜜を漁っておりました。
画像

先日の雹の被害は集中的で、本郷通りの左は植木が壊滅状態なのに、左側は殆ど被害はなく、天祖神社の手前までは酷くその先の本駒込のほうはさほどではなかったようです。
先日の気になる「紫陽花」は先週には剪定されていて、今日は鉢も取り入れられて被害はなかったもよう。お花を大切にする御家なんだと感心しました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


三体仏がお出迎え

2017/07/20 10:41
最近は暑いせいかニャンコたちのお出迎えは少なくなりましたが、三体の仏様が迎えてくれます。
画像


去年10月から始めた仏像彫刻が三体なりました。
最初は真中の「子供地蔵」、左が「白衣観音」、右が「祈り観音」
キャラは先生のオリジナルです。もっとも先生のお顔とは大分に違いますけど(^_^;)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


七月句会

2017/07/17 22:58
第五百二十一回 句会  (出席五名 投句一名)

地獄の釜のような暑さとは今日の事かも。
それでも五名は出席。
その上退会されたA様の投句がありました。嬉しい事です。

兼 題   浴衣 ・ 蚊遣り

自 作   いつぱしを気取る浴衣の細い腰   一点

       出番待つ社中揃いの浴衣かな    一点

       桴かまへ浴衣姿の女伊達       二点
       バチ
       古箪笥母の匂ひの藍浴衣       四点

       洗へども蚊燻しくさき作務衣かな    三点

珍しく全作に点が入り気分は上々。
それにしても暑いです。
帰りは巣鴨の「鶏煮干しラーメン」のお店に寄り、ビール一本とラーメンでお夕食にしました。美味かった!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


瓢棚で茶通函と葉蓋で洗い茶巾

2017/07/12 09:04
先週日曜日は「お茶事」でした。
雨模様の蒸し暑い日でしたが、露地の木も苔も蹲も踏石もしっとりと濡れてなかなかの風情。
お茶はもちろんお料理も素晴らしかったし、お道具の取り合わせも楽しく、和やかな雰囲気でした。
正客のお役をすることになってその方が一生懸命で写真どころでは有りませんでした。
文字で説明するよりやっぱり一見にしかずです。ちょっと残念でした。
画像

今日は瓢棚で茶通函のお点前いつもは四畳半の小間の設定でのお稽古ですが広間の設定です。
八ヶ岳からS様の久々の来訪で、貴人清次のお薄をこちらも広間でのお点前。
お運びも拝見もいちいち立つので、函にしまってから立ってまた座って出したりと、小間とは一味もふた味も違う所作が新鮮。S様大喜びで、さっそくご自分の社中でもやるんだと張り切っておられました。

午後は棚をしまってお庭から葉を切ってきて、「葉蓋に洗い茶巾」と夏のお点前をサラリと。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夏の花

2017/07/09 20:44
日曜の朝座禅の道すがら、家々のお花はすっかり夏。
この紫陽花は最後の色なのかこういう色の品種なのかよくわかりませんが渋い色ですね。
画像


花魁草またの名は風蝶草。「花邑」の名で工芸展に初入選したのが昨日の事みたい。
画像

この鮮やかな朱色のお花はたぶんモントプレチア「姫檜扇水仙」
画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第10回 坂東三十三観音  結願!

2017/06/27 22:15
昨年九月からスタートの坂東33観音巡りのついに結願の日
今にも降りそうな空もこらえてくれて濡れずじまいでした。

30番の高蔵寺 木更津の通称「高倉観音」は正観世音菩薩
なんと藤原鎌足の出生のお寺。本堂は独特の高床式の構造。
秘仏の3.6メートルの樟木の一木造りのご本尊は床下から見上げることができる不思議な構造。
画像

画像

いよいよ最終33番の千葉県館山市の補陀落山那古寺。ご本尊は千手観世音菩薩
画像

絶対に拝観できない秘仏ですが、市が作った看板に写真がありました。
画像

画像
本堂から見晴らした館山湾。晴れていればねえ(^_^;)
画像
高橋隆覚先達さんは、今日は結願法要の為に正装で法螺貝も持ってきて吹いてくださいました。
最後の最後に結願のお礼参の法要に福岡先達師のお寺「妙音院」へ。こじんまりとした本堂には高野山の永遠の火が分灯されていて格式のあるお寺さんです。
画像

結願の那古寺ではすべての御朱印を揃えてから結願の証をくださいました。
画像


画像
海ほたる経由で上野まで案外早く、無事帰宅。ツアー仲間ともお別れ。十か月間ありがとう!またご縁があればお目に掛りましょう。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


六月句会

2017/06/20 23:33
第五二〇回句会 (出席五名・選句五

兼 題  雨蛙 ・ 梔子の花

自 作  誰よりも吃驚したのは青蛙    三点

      梔子の花錆びゆきて雨静か   三点

      梔子の花病みやすし夜の雨   二点

      両の掌をそつとひらけば雨蛙

      梔子の香り揺らめき夜の猫


梔子は幸い高得点でしたが、駄句も二句。
いくらなんでも「夜の猫」は無いでしょうと、宿題。
今日は夏至。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

花色衣 (はないろごろも)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる